20万キロを超えた車の買取、査定、売却術をご紹介

どう売る!?20万キロを超えた車の適切な売却方法について

車を10万キロを越えた途端に売却が難しくなります。

 

日本では10年落ち、10万キロ超えで車を買い替える人が多く、
必然的にその数値の車は中古車市場でも売れないので、買取業者もいい額を提示してくれません。
場合によっては買取を拒否する店舗もまだまだあります。

 

ですので、20万キロという数値の車は

 

「普通に売却すると90%買取を拒否されるでしょう」

 

ただ、絶望するのはまだ早いです。
コレはあくまでも「普通に売却したら」の話です。

 

20万キロを超えた車はそれなりの売却術というのがあります。
もちろん女性でも簡単に実践できる内容ですので、
20万キロを超えた車の売却をご検討中の方は、是非実践してみてください。

 

20万キロの車を高くうる

 

それでは20万キロを超えた車を高く売却する方法をご紹介します。
なにも難しい方法ではありません。
先にも言いましたとおり、なんの知識のない女性でも簡単に実践できます。

 

その方法は、

 

・部品取り目的
・輸出目的

 

上記どちらかで買い取ってくれる業者を見つけることです。

 

部品取り目的

車の価値はなにも乗ることだけではありません。
車を構成しているパーツ1つ1つには価値があるのです。

 

日本車が海外でも広く普及され、海外からも部品の需要は高まっております。
それと同時に、買取業者も部品の販売ルートを独自に設けている業者もあります。

 

そのような業者に査定してもらえば、間違いなく買い取ってもらえるでしょう。

 

輸出目的

現在では中古車もバンバン輸出される時代に突入しました。
それにより、過走行の車や年代車なんかは輸出目的で買い取り、海外で高くうる。
という方法が買い取り業者の中でも主流になりつつあります。

 

海外では車に長く乗るユーザーが多く、
20万キロなんて序の口です。

 

日本では10万キロという早すぎるラインが一般的に認知されていますのが、
海外ではそんなラインなんてないんですね。

 

壊れるまで乗る。
だから乗れるなら売れる。

 

ということですね。

 

買い取り業者の探し方

 

・部品取り目的
・輸出目的

 

上記どちらかの目的で買い取ってくれる業者を探すには、数当たるしかありません。
しかし、それはとても面倒ですし、手間がかかりますね。

 

しかし安心してください。
今では便利なサービスがあるもので、それ利用して効率的に買い取り業者を探しましょう。

 

そのサービスとは「一括査定サービス」です。

 

一括査定サービスとは、最大10社の買い取り業者に同時に見積もりを出してもらえる車買取サービスです。
利用方法は、一括査定サイトに車種名、年式、距離数などの車の情報を入力するだけ。

 

これだけなので1分もかかりませんね。
そして見積もり額を比較し、一番高い見積もり額をつけてくれた業者に売却しましょう。

 

普通に売却したらとてもでないような査定額がつくことも多いです。